So-net無料ブログ作成
検索選択
フィッシング ブログトップ

本年度は終了致しました。m( _ _ )m [フィッシング]

更新がサボりぎみになっちゃってるんで


ちょっと前の話になりますが・・・



9月13日   日曜日



またまた、飽きもせず行ってきました。



渓流釣り~!!\(~o~)/




漁期最後の日曜日ということで

今回で今年の渓流は釣り納めです。



いつものように夜中のうちから車を走らせ

夜明け前にお山に到着。



さすがに、今日で釣り納めにする人が多いようで

有名どころにはチラホラと車が止まってます。



その車を横目で見ながら、

さらに山の中へ


こんなとこばっかり走ってるなァ・・・^^;.jpg


川沿いの道を行けるところまで車で上ります。



ここでも、いつものように行き止まりまで突き進み、

車を止めて夜明けを待ちます。

山の中です。^^;.jpg


あたりが明るくなったころ


同行のDさんと、二手に分かれて入渓します。



10分程釣り上がったところに良さげなポイントが

ここは居そうだぞ.jpg



静か~に、仕掛けを打ち込みます。



流れの反転するあたりで一気に目印が走りました。



すかさず合わせて引き抜きます。











やっぱり居た!.jpg

まずは一匹ゲット!




もう一度、同じ流れに仕掛けを入れます。











大きくないけど銀化してます.jpg

二匹目~!!^^






ポツリ、ポツリと釣れるんですけど、



イマイチ、型が小さい・・・


これで17cmくらい.jpg



退屈しない程度には釣れるんですけど

キープサイズ(15cm)に届かないのも多い。^^;









1時間ほど釣り上がったころからアタリが無くなり、

魚の気配も消えてしまいました。









辺りを注意深く観察すると、





ついさっきここを歩きました、

と言わんばかりの

釣り人らしき足跡が・・・



そこから少し上がった所で釣り人発見!








やられました・・・



山の中を通って私の上流へ先回りしたようです。



これでは釣れる筈もないので一旦退渓します。



登山道まで急斜面を30mほどよじ登りました。

道までたどり着いた頃にはもうヘロヘロです。


し、しんどい・・・.jpg

座り込んで休憩しないと

すぐには歩けません。^^;





目には目を、でその釣り人の上流に入ってやろうか、とも思いましたが、

そこはグッと我慢して移動します。



登山道を歩いて別の支流へ

完全に登山になってるし・・・^^;.jpg



途中できのこを見つけたけど、

食べられるのかどうかもサッパリ分からないので

とりあえず写真だけ^^

これって、食える?.jpg

少しは山菜やキノコの勉強をしようと

家に帰ってから調べましたが

写真で見ただけじゃサッパリわかりませんでした・・・^^;






山道を急ぎ足で30分ほど歩いて次のポイントに入渓





ここもでも釣れるには釣れるんですけど

型が出ません。

う~ん、ぎりぎりキープサイズ ^^;.jpg





これもぎりぎりキープです。^^;.jpg





サイズ的にいまいち不満( ̄ω ̄;).jpg


ここでの釣果 8匹



10時過ぎにDさんと合流し車に戻ります。




車に戻って次のポイントを相談します。




協議の結果、今シーズンは一度も入ってない場所へ入ることに





深い藪を掻き分け、突入するDさん

アッ!熊発見!!.jpg


私はここよりさらに上流へ入ります。



藪を掻き分け山の中へ

山菜取りじゃないですよ。.jpg



森の中の小さな支流を狙います。

移動するのも大変です。^^;.jpg



木の生い茂る小さな流れの中を狙います。


サイズはいまいち ^^;.jpg



釣りながら上流へ移動するのも簡単にはいきません。



いちいち川沿いの斜面を登って

よじ登ります(汗.jpg



少し移動しては川に降ります。

おります(汗、汗.jpg




アマゴの背中.jpg



20cmにはちょっと足りない・・・^^;.jpg



苦労する割にはサイズは一向に上がりませんが・・・^^;




最後の一匹にはこんなかわいいやつが

また来年会おうな!^^.jpg

もちろん優しく川に返しましたよ。^^








人工物の一切ない山奥で


辺りが薄暗くなるまで遊んで


シーズン最後の一日が終わりました。





この流れも今年は見納めです。.jpg


また来シーズンの解禁までは

こんな山奥の渓に入ることはなくなります。


またここへ来るのは半年後です。.jpg



着替えを済ませて山を降りる頃には

すっかり真っ暗になってました。



半年間ありがとうなー!

また来年よろしくねー!!

















さて、


次回からの〔フィッシング〕は


〔海〕編に突入です。


乞うご期待!!













最後に


前回もお知らせしましたが


9月21日(月) 午前11時頃、熊本県阿蘇の大観峰駐車場にて


ヘルメットの盗難事件がありました。


20090921_1357218.jpg


お心当たりのある方はご一報下さい。


詳しいことはこちらから

皆様、ご協力を宜しく御願い致します。

行くっきゃないでしょう!! ^^ [フィッシング]

もうすぐ夏休みも終わろうか

というある日



一本の電話が、



夏休み最後の日曜日に釣りに行こう、とのお誘いでした。

電話の主は、いつものDさんです。^^;



でも、いつもの渓流釣りではなく、

海釣りのお誘い。




記事にはしてなかったんですけど

じつは、二週間前にもDさん家族と私と4人で行ったんですが

その日は大爆釣だったんです。

もう、これぞ入れ食い! って状態でした。^^

小鯵を4人でクーラーボックス満タン、

数にして約400匹!!


それを見たうちの司令官と、その時おすそ分けしたご近所のMさんが

どうしても行きたい! とのことで、

私の知らない間に話が出来上がっていたようです。^^;



メンバーは

Dさん&奥さん、DさんJr、Mさん、私と、うちの司令官&Jr の7人



本当はこの日は急ぎの仕事が入ってたんですが、

仕事は釣りから帰ってから、とゆうことにして・・・^^;



だってね、Dさん以外は全く釣りの知識が無いんですよ、

Dさん一人に全員のお世話を任せるのもわるいでしょ。

うちの司令官&Jrも居るし・・・



しかも、みんな私が釣りの誘いを断わる筈は無いって思ってる・・・



もうこれは行かなきゃしょうがないでしょう。^^;






そんなわけで

8月30日  日曜日

午前3時30分出発


途中のコンビニで食料を調達して泉大津へ


臨海線沿いにある餌屋さんに寄って釣り場に到着です。



泉大津フェリー乗り場のすぐ近く

駐車場もあって岸壁も整備され、

ちょっとした公園のようになった

ファミリーフィッシングには最適なポイントです。



到着した時にはまだ薄暗かったんですが

もうすでに大勢の人が釣ってました。



一番奥に陣取り、Dさんと二人でみんなの竿を用意します。

ちょうど全員の仕掛けを作り終えた頃には明るくなってきました。



今日はみんなでサビキ釣りです。


戦闘開始!!.jpg



2・3回仕掛けを入れると

すぐに撒き餌が利いて魚が集まってきました。


ちょうど朝の時合いでした。

一投ごとに釣れてきます。

今日も入れ食い状態です。^^



1時間ほど釣れ続いたんですが

アタリが無くなってきました。


そうなると、昨夜あんまり寝てないので

子供たちは睡魔に襲われ・・・撃沈・・・

釣れてる??.jpg


今日は魚の群れが小さいのか

入れ食い、とまではいきませんが、

ぽつりぽつり、とは釣れてきます。


先日の伊勢旅行では一匹も釣れなかったMさんも

今日はいっぱい釣ってます。







振り返ると・・・

爆睡中zzzz.jpg

まだJrたちは気持ちよさそうに爆睡してます。^^



陽もだいぶ高くなって釣り場は家族連れで賑わってきました。

ファミリーでいっぱい ^^.jpg


まわりでも釣れるたびに賑やかな声が聞こえます。

比較的安全な釣り場なんで、

小さな子供を連れた家族連れが目立ちます。









で、振り返ると・・・








鳩の餌付け中 ^^.jpg



目覚めたJrたち・・・??

約一名、大人もまざってますが・・・^^;



何してるのかと思ったら

鳩にお菓子をやって餌付けしてました。^^;




お昼をまわり、暑さも厳しくなってきたし

みんなも満足したようなので、本日は納竿としました。




本日の釣果

  鯵  いっぱい

  鰯  いっぱい            合計300匹以上!!

  その他  少々

本日の釣果 ^^.jpg        


まだ型は小さいけど、これから一汐ごとに大きくなるでしょう。







さあ、これから帰って仕事だ~







もう飽きた? [フィッシング]

皆様ごめんなさいm(_ _)m

あいも変わらずまたまた釣りネタです。




本来はバイク記事を書きたくて始めたブログでしたが

もはや完全に”釣りブログ”と化しております。

しかも、渓流オンリー ^^;

ここを訪れて頂いている皆さんも

もう飽きてきたんじゃないですか?



でも、9月の禁猟までは続きますので

カクゴしてください!!     Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ



今回は朝から先週と同じポイントへ向かいます。

前日から結構な雨が降り続いているので駐車場には誰一人いませんでした。

東屋に車を横付けにして屋根の下で着替えます。

ゆっくりと準備をしているとだんだん雨が小降りになってきました。

そろそろ出発しようかというころには殆ど止んでます。

誰もいない駐車場.jpg


山の中を20分ほど歩いて午前6時に入渓します。



先週より水量はかなり増えてます。

これが先週の渓
これでも水量はふだんより多め.jpg

これでも普段よりは多いんですけど

今日はこんな状態になってます。
めっちゃ増えてますけど・・・^^;.jpg

まずはここで一匹

久々の虹鱒 v^^.jpg

虹鱒でした。

以前は良く釣れたんですけど

最近は虹鱒はあまり釣れなくなってきました。

もともとは放流されたものなので数が減ってきたのかもしれません。

(先週もDさんが2匹釣ってるし・・・)



今日もいつものDさんが先行しその後を釣り上がります。

水量が多く流れが速いので

ポイントさえ把握していれば

流れに負けない大きなやつが掛かります。

もちろんアマゴも^^.jpg

釣り始めたころから雨も上がりました。

予報では一日中雨だったんですが、

またまた予報は大はずれ!

最近の天気予報はどうなってるんでしょうねぇ。



退渓点までに20cmクラスのアマゴを5匹・26cmの虹鱒が1匹

合計6匹で第一ラウンド終了です。



いつものように車に戻って朝ごはんにします。

雨が降っていたら人も少ないので

ここからさらに上流へ釣り上がるつもりだったんですが、

雨が止んだおかげで人が増えてきました。



実際、退渓点の手前まできたところで

上から渓を覗き込んでいた”おっさん”が

我々を見つけるや否や、慌てて退渓点から降りてきて

我々の上流へバシャバシャと入ってきました。

しかも、確実に釣れるであろうポイントに直接・・・

渓流では、先に入っている人が優先ですから

明らかなマナー違反です。

(そこまでして釣りたいんか?)

まあ、どっちみち一旦ここで休憩するつもりだったんでいいんですけどね。



ゆっくり休憩して

川の様子を見ながら上流へと移動しますが

朝から雨が上がっているので

結構、釣り人が増えてました。

入渓点ごとに車が止まってます。

しかたがないのでさらに上流へと進み

またまたあまり人の来ない渓へ向かいます。



第二ラウンドはあまり危険なところも無いので

二手に分かれて釣ることにします。



第二ラウンドスタート地点
第二ラウンドスタート!.jpg

ここも今朝までの雨の影響で水量がかなり増えてます。

普段は草が生えてるところまで水が流れてました。



ここでも20cm前後の元気なやつが遊んでくれます。

いい型^^.jpg



これもいい型.jpg


ちょっとサイズダウン.jpg


浅いチャラ瀬ではこんなかわいいやつが

ミノーじゃないよ^^;.jpg

もちろん大きく育ってくれることを願って、丁寧に渓にお帰り頂きました。^^



なんだかんだで8匹キープ

第二ラウンド釣果.jpg

3時過ぎに車のところでDさんと合流

コンビニおにぎりをパクついて本日は終了にしました。

ゆうべも寝てないので、早く帰って

釣りたてのアマゴの塩焼きでビールを飲んで寝よ~っと。















お山を降りて、家まで後4~50分というところで

私の渓流釣りの師匠から電話が掛かってきました。

以下、二人の会話

師匠 『今どこにおるん?』


かざぐるま 『〇〇を降りてきたとこやけど、どうしたん?』


師 『やっぱりな、行ってるんとちゃうかなぁと思ってん。

  今晩うちでバーベキューするけど来ーへん?』


か 『お~!行く行く!!  なんか持って行かんでもえーか?』

                            (たくさん)  
師 『何も要らんよ、肉もいっぱいあるしビールもよーけ冷えてるデ~。』


か 『ほな、アマゴ持って行くワ。』





こうしてアマゴが焼肉に化けました。^^

寝不足なのも忘れて盛り上がり、

気づけば夜中の2時を回ってました・・・ ^^;

あぁ~寝むたぁ~・・・




またやっちゃいました・・・ [フィッシング]




日曜日はまたまた雨予報




とゆーことは?




バイクに乗れない




だったら??




釣りに行っちゃいましょう!!




いつものように3時に待ち合わせです。




しかし、また前日の仕事が遅くなり、

家に帰ったのは12時過ぎ。

あー また徹夜だ・・・




そろそろ支度をしなければいけない、って頃になって




す、睡魔がぁ・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・zzzzzzzz




携帯メールの着信音で目が覚めました。




・・・3時半・・・




・・・またやってしまいました・・・




バタバタと支度しますが、もう半分ひらきなおってます。

ゆっくり髭なんか剃ったりして・・・^^;




予定より1時間遅れでいつものDさんの家へ




時々雨がパラつく中、お山に向かいます。




すっかり明るくなった午前6時前




お山に到着!




今日はいつもの山奥までは行かずに

このあたりではメジャーな川を覘いて見ました。

するとどうでしょう、

川上から大きな桃がドンブラコッコ・・・

いやいや

普段なら夜明けと共に釣り人が何人も入っているはずなのに、

連休のあと、しかも一日中雨の予報とあって

人っ子一人いません。

車も一台も止まってませんでした。



じつは一台だけ、県外ナンバーの若いカップルの車が

目立たないようなところで”ラブラブモード”だったことはナイショです。

(こんな朝っぱらから・・・ゆうべからずっと?)


そんなことはさておき

川を見ると水量はやや多め、濁りはほとんどなし

本日の一本目はここに決定!




戦闘モードに変身して入渓地点へ向かいます。





この時点ではまだ雨は降ってませんが、

上流部は雨のようです。

入渓点で竿を出していると急激に水位が増してきました。

僅か3cmほどで止まりましたが、まだ水位が上がるかもしれない。

ここではいつもならどちらかが先行してしばらく間をおいて

もう一人が追いかけるパターンで釣っているんですが、

危険を避ける為お互いが見える距離を保って

前後を入れ替わりながら釣り上がることにします。





入渓地点の落ち込み
今日の渓.jpg

ここでかなりの手ごたえのアタリがあったんですが

無念のハリス切れ

先週使った仕掛けをそのまま使っていたので

ハリスが傷んでいたのかもしれません。

仕掛けのチェックは怠ってはいけませんね。(反省

私の代わりにDさんが24cmの虹鱒を仕留めてくれました。

しかも同サイズを2匹も・・・(チョットクヤシイ・・・)




少し上がったところで

水量チョット多め.jpg



20cm.jpg

元気なアマゴが遊んでくれます。




同行のDさんと前後を入れ替わりながら釣り上がって行きます。




お互いにポツリポツリと釣れてきます。

17cm.jpg

こいつを釣ったところぐらいから雨が降りだしてきました。

水位の変化に気を配りながら釣り上がって行きます。

ときどき結構な勢いで雨が降りますが、

雨が水面をたたいてくれるおかげで

魚の警戒心がゆるんでいるようで

そんなに気を使わなくてもポイントに近づけます。




しかし雨が降っているので写真が撮れない

防水のカメラが欲しくなってきた・・・


しかもブログをやってることはナイショにしているので

今日はDさんが近くにいるため

あまりパシャパシャと写真を撮れないし・・・


急にデジカメを持って釣りをするようになったので

『ブログでも初めたん?』

って以前聞かれた時はちょっと焦ったけど

なんとかごまかしましたが、そのうちばれるかも ^^;

このDさん一家とは親戚以上の付き合いなんで

Dさんにばれる→奥さんに話す=うちの家族にもばれる

これだけは何とか避けたい。

だって、コッパズカシイじゃないですか。^^



話が脱線しましたが

なんだかんだで第一ラウンド終了。

釣果は20cm前後を8匹(雨のため写真なし)



車に戻って腹ごしらえ

少しだけ上流へ移動して

いざ!第二ラウンドへ!!



ここも普段は入れ替わり立ち替わり釣り人が入っていますが

今日は貸しきり状態です。^^

相変わらず雨は降ってますけど・・・



浅い瀬の部分は川幅が普段の3倍くらいになってました。



ここでも退屈しない程度にポツリポツリと釣れてきます。

今日はいつものように岩をよじ登ったり

崖にへばり付いたりすることも無く、

比較的楽に釣りができます。


21cm.jpg


いつものように15cm以下はリリースして

第二ラウンドの釣果は6匹(雨のため写真なし)



東屋のある駐車場に車を止めて

いつものようにカップ麺とコンビニのおにぎりで遅い昼食をとり

食後のデザートに生キャラメルやチョコレートを食べながら

マッタリとすごして本日は早めの終了としました。



本日の釣果は20cm前後ばかりが14匹

15cm以下のリリースしたものをいれたら

30匹以上が遊んでくれました。




自然の恵みに感謝して、おいしくいただきます。^^



またまた夜明け前から ^^ [フィッシング]

7月19日 日曜日 

・・・午前3時・・・








・・・キュルキュル・・ブルルン・・・・・・

シズカ~に家を出ます。





こんな夜中に家を出るということは?





もうお気付きですね?





またまたお山の中で釣りでゴザイマス。





前日の土曜日の仕事が終わったのが午後11時を回ったころ、

家に帰り着いたらもう12時前でした。



ご飯を食べてお風呂に入ったりしてたら寝る時間がなかった

完全に徹夜です。^^;



いつもの相棒を迎えに行って出発です。



いつものようにコンビニで今日一日の食料を買い

いつもの道を、いつものように快調に走っていたんですが

ふとメーターを見て気がつきました。



ガソリン入れてくるの忘れた・・・^^;

もうこの先にはこんな時間に開いてるG・Sなんか無いし

戻るのも遠すぎるし・・・



いや、まだ半分近くは入ってるんですけどね

一旦、山に登ってG・Sのある集落まで下りてくる位はもつでしょう。



ということで、ここからは今流行の”エコ”ドライブでいきましょう。^^



トコトコ走って

うっすらと明るくなりかけた頃に

目的地に到着しました。

今日はここから.jpg

暫らく休憩していると明るくなってきたので

着替えて戦闘体制に入りますが、

寝不足の為、ぜんぜん気合が入りません。

今日は”まったりモード”で釣ることにして、

朝食用の食料を携帯していきます。



今日のフィールドはここ
渓はこんな感じ.jpg

渓まではまたまたこんなところから降りていきます。
道は無い ^^;.jpg



渓に降りて釣りはじめます

ここも何度かかよってる渓なんですが

なんかいつもと違う感じがします。



いや、”渓”自体は何も変わってないんですが

なんだか釣れそうな気がしないんです。

このところの雨で水量も増えて条件はいいはずなんですが・・・

昨夜寝てないからそう感じるだけかもしれない

と思い釣りはじめます。



しかし、ここぞと思うポイントでもアタリがありません。

いろいろとパターンを変えてみますが

いまひとつ・・・



試行錯誤しながら釣り上がります。



しばらくいくと支流の分岐が



いつもはあまり行かないんですが

支流へ入ってみます。
















18cm.jpg

やっと釣れました。^^

こっちの支流はさっきまでの違和感がありませんでした。

この感覚の違いは何なんでしょう?



しばらく上がると

19cm.jpg

もう少し上がったところで一匹追加して休憩にします。

持ってきたパンとコーヒーで朝ごはんです。

保冷剤と共にビクの中に入れてきたコーヒーがよく冷えてて

寝不足の体に染み渡ります。

(ハ~~~生き返る~ ^^ )



お腹も膨れて、今日の”まったりモード”がさらに加速されちゃいました。^^

このままここでしばらく寝たろか?

とも思いましたが、こんなところで寝てたら

ニョロニョロに噛まれそうなんでやめときました。



沢蟹を捕まえてみたり
なに見てんだよ!.jpg

30分ほど休憩してもとの分岐点まで戻ります。



下流から追いかけてきているいつもの相棒Dさんに連絡すると

もう少しで私が入った支流の分岐点に到着するようなので

そこで合流することにします。



私が分岐点まで戻ったのとほぼ同時にDさんも到着しました。

ここからは元の渓を二人で釣り上がることに

いつもの相棒Dさん.jpg

Dさんも 『今日はいつもと違う』 と言ってました。



”まったりモード”の私は、

Dさんの後ろから

”偉そうにアドバイス”しながらついていきます。

(他人様に教えるほどうまくもないのに) (^^;



アプローチが どうたらこうたら

狙いどころは うんぬんかんぬん

流し方は あ~してこ~して

もっと隠れないと.jpg

後からアーだのコーだの

エラソーにアドバイスしているてまえ

釣れなかったらカッコつかないなァ・・・






しばらく行くと良さそうなポイントが。

小さな落ち込みですが、

魚のいそうな気配がします。



Dさんに仕掛けを入れる”流れ”を教えます。

『一発でその流れに入れないとたぶん食ってこないよ。』

って言ったら、かなり緊張してました。 ^^



手前からソーッとアプローチして仕掛けを入れます。

石の陰から.jpg

見事に一発で私が考えてた流れに入りました。

これで釣れなかったらどうしよう・・・ ^^;
















釣れました~!!

やったね!.jpg
落っことしても逃げられないように水から離れたところでパチリ。^^

(針を外したとたんに手が滑って”ポチャン”って、ヨクヤルンデスヨ コノシト・・・) ^^;



これで渓流釣りの先輩としての面目は保たれました。^^

釣り上げた本人も嬉しそうですけど、

教えてる私のほうが喜んじゃいました。





そうそう、朝から感じてた違和感の原因がこの少し先で判明しました。

水際の砂地に残った足跡。

おそらく二人ぐらいでしょうか

そこにだけしか足跡が残ってなかったので

川岸を歩かずに水の中をバシャバシャと歩いて

ここまで来たんでしょう。

たぶん前日の午後に川の中を引っ掻き回されてたようです。

それで魚の警戒心が高かったんでしょう。



こんな山奥の渓に入ってくるもの好きが他にもいたんですね。^^



釣れない原因も解ったことだし、

途中の村まで戻ってガソリンを入れないと。



山を下りて昼ごはんを食べガソリンも満タンにして

さあ次はどこへ行こうか・・・

朝とは別の川の上流をのぞきにいきます。

道のすぐ横を流れるこの川は、

3連休の中日とあって

川遊びの人で賑わってました。



なんとか車を止められる場所を探して川に下りてみますが

次はここ.jpg




綺麗な水です.jpg




川は綺麗なんだけどな~^^;.jpg

魚の気配がありません。

ついさっきまで川遊びのグループがいたみたいなので

どこかに隠れちゃったみたいです。



一応 竿は出してみましたが

やっぱり釣れませんでした。



今日は諦めてここで納竿としました。



本日の釣果

本日の釣果.jpg

午前中の渓で釣れた5匹のみ ^^;

しゃ~ない!今日はこれぐらいで勘弁しといたろ!



直った~^^ [フィッシング]

前回の釣行で固着した竿


固着しました(^^; .jpg


直りました。



前回の記事のように、雨に濡れたりすると

よく固着してしまいます。



無理に捻ってはずそうとしたり

強く握ったりすると

竿は簡単に折れてしまいます。





そこで、

釣りに詳しい方ならもうご存知かもしれませんが、

固着した振り出し竿の簡単な直し方をご紹介しちゃいます。



用意する物は、
これだけ!.jpg

 1 輪ゴム 2本

 2 テープ (これは輪ゴムが固定できれば、どんなテープでも可)

 3 あと、あれば1cm厚ぐらいのゴムシート (これは無くてもOK )

 以上

たったこれだけで、大抵の固着は直ります。



まず、竿をばらして

竿が濡れている場合はよく乾かします。


そして、固着した部分ともう一本太い部分を
これを~.JPG

こうして.jpg

こうして~.jpg
こんなふうにして、

輪ゴムをテープで竿に固定します。
ぐるぐる~.jpg


で、伸ばすとこんなかんじ。
びよ~ん^^.jpg


これを、太い方を下にして

固い床にゴムシートを敷き、その上に垂直に立てます。

(ゴムシートが無ければ雑誌かタオルでもOK )

垂直に!!.jpg



太い部分を床に垂直に密着させたまま、

輪ゴムをビヨ~ンと伸ばし、
まっすぐに.jpg

輪ゴムの力で床に軽くたたきつけます。



コツン、コツンと何度か繰り返しているうちに

固着した部分が緩んでくるはずです。



治った!.jpg



かなり硬く固着した竿でも

根気よくやれば緩みます。

それでも緩まない場合は、

固着部分に潤滑スプレーを少量吹きつけ、

一晩放置した後でもう一度やってみてください。



私自身、何度も固着させてますが

この方法ですべて直ってます。




もし竿が固着してしまったら一度試してみて下さい。



以上、

竿のトラブルに関する豆知識でした。^^





日曜限定ライダーの悲運??? [フィッシング]

梅雨ですねぇ。











ここ暫らくバイクに乗ってない・・・

平日はケッコウ梅雨らしくない晴れの日が多い。

土曜日も多くのツーリングライダーを見かけたし。

で、土曜日の夕方。

日曜日の天気予報をみる。

・・・

・・・

関西地方はどこへ行っても雨に降られそうな天気・・・




べつに雨の日は乗らないって決めてる訳じゃないけど

初めから雨に降られるのがわかってるのに出かけたくない。

久しぶりに乗るんだったら

晴れてなくても、やっぱり雨にだけは降られたくない。



















ってことで



行ってきました。

渓流.jpg
  渓流ふぃっしんぐ~ ^^     ハイ、そこッ! 『またァ~?』って言わない!!



午前3時、今回も”生贄”のDさんと共に山に向かいます。
(今日は寝坊しなかったぞ。)



まだ暗いうちに目的地に到着。

もうすでに、雨が降ってますケロ。

明るくなるまで暫し休憩です。
まだ暗い.jpg
(どこへでもいける強い味方)



そろそろ明るくなってきたので、準備をして戦闘開始です。



爺さんは山へ柴刈りに、

いや、Dさんはここから渓へ降りて上流へ、

私は、さっき上って来た道をとことこ歩いて下流へ、
山の中.jpg

暫らく歩くと、営林署?の小屋があり作業用の小さなモノレールが、
作業用モノレール.jpg
レールの幅は15cmも無い位

ここから渓へ降りていきます。



そーっと川の中をうかがうと、

何匹かが流れてくるエサを待ち構えています。



静かに仕掛けを流して、
17cm.jpg
一匹目、ゲット~!

今回も幸先良く一発で釣れちゃいました。

まだ他の魚には気付かれて無いようなので、

もう一度同じところへ、
15cm.jpg
二匹目、ゲット~!!

これはちょっと小さくて15cmでした。

自分の中での最小キープサイズです。

これ以下の魚は、もっと大きくなってから

また遊んでもらう為に、やさしくリリースします。

でも、ときどき針を呑みこまれたり、

リリースしても死んでしまいそうなやつは

美味しく頂きますけどね。



ちなみに、関西の各河川の漁業組合の規定では

多くの組合が10cmまたは12cm以下は”リリース”

と定めているようです。

(10cmって、かなり小さいと思うんですけど・・・)




今日はこんなとこ
雨 ふってます・・・.jpg

先週とあんまりかわらない

狭い渓です。



あんまりいい型(サイズ)は出ないけど、

ポツリ、ポツリと釣れます。

こんなの
18cm.jpg

や、

こんなの
また15cm.jpg

ここでは
釣れろ!.jpg

こんなのが
19cm.jpg

やっぱり、釣りながら写真を撮るって難しいですね。



先行するDさんとの間隔を保つように釣り上がりますが、

途中からお腹がすいて集中力が途切れてきました。

そういえば、朝から缶コーヒーを一本飲んだだけ。

もう9時半を回ってます。

朝ごはん用の食料を携行しとくべきでした。

テンポアップで釣りながら、Dさんを追いかけます。



一時間半後、

ようやく先行しているDさんと合流し、

午前の部 終了。

もう二人とも腹ペコです。


リリースし損なった12cmを含め

なんだかんだで、10匹ゲット!
ぜんぶで10匹.jpg
(今日も調子がいいぞ!)



車まで戻って朝ごはん。(もうお昼ですけど)

ひといきついたら移動します。



次に行くのは、

関西のアマゴ釣りでは有名なT村のS川です。

S川.jpg


今日は午前中の釣果で満足したので

Dさんに先行してもらい、

すぐ後から釣り上がることにします。



さすがに有名ポイントだけあって、

かなりの人数が入った後のようです。

先行のDさんも苦戦してますが、

その後ろを行く私にはアタリもありません。



この頃には雨も上がり陽がさすようになって

かなり暑くなってきました。

もうバテバテです。



きょうはここまで.jpg

本日はここで終了。

Dさんはここまでで4匹

午前中と合わせて、計8匹

私は午前中の10匹のみで、ここではボーズ(0匹)でした。



次の日曜日はバイクで走るぞ!

おねがいだから 雨 降らないでね^^











雨の中の釣りで

竿が固着しちゃいました。
固着しました(^^; .jpg



いざ!山奥へ!! 《秘境編&もう一本いっとく?》 [フィッシング]

前記事からの続きです。

まだ読んでない人は、こちらから先によんでね。


さあ、朝ごはんもすんで一息ついたら

本日のメインステージへ移動します。
(じつは、先週も来てます。)

山道をトコトコと走って、

トコトコ、くねくね。

まだまだ登ります。

車一台がやっとの道を、

トコトコ、くねくね。







到着~!

もうこの先は道なんかありません。

険しい登山道があるだけです。

ここに車を止めて、戦闘準備を整えます。

朝とは逆に、こんどはDさんが山道を少し下ったところから入り、

私がここから先行します。



こんどは、獣道すらない崖を渓まで降りていきます。

写真なんか撮る余裕もありませんでした。



で、降りたところがこんなところ。
第2ラウンドスタート!.jpg


時折、雨がパラツク中、第2ラウンド開始です。

気配を殺して、まるで忍者かコソドロにでもなったように

そ~っとポイントに近づきます。
そーっと.jpg

ちいさな落ち込みの岩の陰へと、仕掛けを流します。

出来るだけ自然に流れるように、

ピンポイントで打ち込みます。

・・・

・・・

・・・


そんなに簡単には釣れませんね。

あとから来るDさんのためにも、ポイントを荒らさないように

そ~っと上流へと移動します。

Dさんの好きそうなポイント。
いいポイント .jpg
は避けて、次のポイントへ。
(Dさん、ここは任せたよ、釣ってね!)


少し上がって

黒い奴.jpg
きました!

少し痩せてますが、サビの残る20cmのあまごです。

この渓は、エサとなる川虫が少ないため

これぐらいがレギュラーサイズでしょうか。

なかには尺上(30㎝を越えるサイズ)もいますが。

大きい奴ほど警戒心も強く、ナカナカ釣れないんですよね。

実際、昨年この渓で釣ったやつ
昨年の写真.jpg
33cmありました。






流すポイントをかえると
20cmのイワナ.jpg
手が大きいので、小さく見えますが、20cmジャストのイワナです。

そういえば、この渓に入ってからは、

谷いっぱいに充満するように、匂いたつ香りが。

見ると、辺りはこんな花が咲き乱れてました。
何の花だろう01.jpg
植物には疎いんで、何の花かまったく判りません。


まだブログ用に写真を撮ることに慣れてない為、

ごそごそと写真を撮っていると魚に気づかれるのか

釣れなくなるので、ここからは魚の写真がありません。




所々に少し開けたポイントが、
気持ちいい~.jpg
Dさんポイントです。

ここは手を付けずに、

大きく回りこんで上流へ向かいます。

どんどん険しくなっていきます。
秘境.jpg


ピ、ピントが~.jpg

ときには、木の影に隠れて竿を出したり
何の花だろう.jpg

岩をよじ登ったり
岩だらけ.jpg

ここら辺りまでくると、

もうそろそろ終点です。

打ち止め~.jpg
もうここから先は伏流水となって山の中へと消えていきます。



第2ラウンドの釣果
どう?.jpg
20㎝前後が8匹

ここでDさんを待とうと、無線で連絡すると (携帯は圏外なので役に立ちません)

まだ結構下のほうらしいので、

川を下って合流します。

もう誰も釣り上がって来ないので、

気にせずバチャバチャと川の中を下っちゃいます。


半分くらい戻ったところで合流。

ちょうど登山道に程近い開けた場所にいました。

Dさん.jpg

Dさん、かなり苦戦したようです。


これで本日のメインは終了です。

渓から登山道へよじ登り、

登山道で車まで戻ります。



車に戻って遅い昼食。

この時点で午後3時を回ってます。

さあ、山を下りて帰途に着きます。

途中で、積んできた20ℓのポリタンクと500mlのペットボトルに

美味しい湧き水を汲んで帰ります。

(家ではアマゴより、この水の方が喜ばれたりします。)







朝のポイントを過ぎて

少し下ったところにある駐車場に車を止めて

さっき汲んだペットボトルの水を飲んで休憩。

ここで4時半。

もう帰ると思うでしょ。










で~も~

いつもならハイキングや釣り人の車が数台とまっているのに、

一台もありません。

二人で川を覗き込みます。

・・・

・・・

Dさん『もう一本いっとく?』

私『いっとこか~』

いつもなら、のんびり釣って2時間半から3時間のポイントです。

ここは川沿いのハイキングコースを歩いて下流の入渓ポイントから

渓へ入り、駐車場のある所まで釣り上がって来ます。

いったん渓へ入ると、途中では渓から上がれる場所はありません。

渓の日暮れは早いので、ゆっくり釣ってたら

途中で真っ暗になっちゃいます。

写真を撮ってる余裕がないのでここからは写真はありません。 m( _ _ )m




釣り馬鹿オヤジ二人が急ぎ足でハイキングコースを下ります。
(そこまでして釣らんでもえーやろう)

入渓ポイントに着いたころにはハアハアいってます。

ここはDさんに先行してもらい、暫くポイントを休ませてから後を追います。




さて、Dさんが竿を出してなかったところへ仕掛けを流します。

一発で、いい流れに仕掛けが入りました。

・・・・・・・・・・ククッ!

きました。26cmゲット!!

今日一番のサイズ!

まだ釣れそうなので、

同じ流れにもう一度仕掛けを入れます。

・・・・・・・・・・・クククッ!

やっぱりきました。さっきと同じ26cm!!!

もう一匹ぐらい釣れそうですが、

時間もないので先を急ぎます。

テンポ良く釣り上がりますが、

先程の二匹から数が伸びません。

途中、大きな岩をよじ登り

深い淵の崖をヘツって

ようやく、あと200m位で脱渓地点

ここでDさんに追いつきました。

暗くなるまでまだ少し時間がありそうなので、

また、Dさんに先に行ってもらい私が後から釣ることにします。

と、ここでトラブル発生!

木の枝に引っ掛けて、仕掛けがモツレテしまいました。

仕掛けを作り直しているうちに、だんだん薄暗くなってきた(汗;

余裕をブッコイテルと、ろくなことがありません。

もう脱渓地点に到着しているDさんから無線が入ります。

Dさん『暗くなってきたから先に車に戻ってるよ。』 (薄情な奴です



大急ぎで竿をたたんで、脱渓地点へ向かいます。

(こんなとこで遭難したらシャレにならんぞ)







暗いなか、どうにか車まで戻れました。



道具を片付け、着替えが終わる頃にはもう辺りは真っ暗です。

みなさん、暗くなる前には渓から出ましょうね。
(そんな奴はお前だけじゃ!)by天の声














いざ!山奥へ!! 《ウォーミングアップ編》 [フィッシング]

・・・


・・・


・・・


午前3時前


・・・


・・・


ピロリロッ、ピロリロッ、ピロリロッ

携帯が鳴ってます。

眠たい目をコスってメールを見る。

・・・?

Dさんからのメールでした。

『起きてますか?』

・・・??

・・・???

あっ! ヤッバ~!!










今日は3時に集合の約束をしてたのに。

アラームをセットし忘れて寝てました。

遅刻です(汗

大急ぎで着替えて集合場所の『Dさん』宅へ向かいます。(滝汗


メールから30分後

『ゴメンネ~、寝過ごしちゃったァ』 (反省の色なし)

でも、心優しきDさん

『あ~、ええよぉ~。ほな行こかァ。』




早朝なので、静か~に出発です。
(早朝って、まだ夜中ですけど・・・)

ちょっと走って、いつものコンビニへ。

買い物を済ませて、さあ出発。

ここでふと見るとDさんの荷物、なんか足りません。

僕『Dさん、ジャケットとベストは?』

Dさん『あっ、忘れた!』

ベストには本日必要な小物がすべて入っています。

・・・

取りに戻ります。

忘れ物を積み込み、ようやく出発です。

二人そろって、オオボケかまして予定より一時間半遅れです。




今日のネタは、《フィッシング

向かう先は、山奥です。

渓流の《あまご》を狙います。



快調に走ります。

山の中に入ってしばらくすると、道路わきには野生の鹿がいました。
(私の中では、『往きに鹿に出会うと釣れる。』と言うジンクスがあります。)


ようやく目的地に着き戦闘準備。

午前6時前、渓へ入ります。



Dさんは上流へ、私は少し下から入って釣り上がりDさんの後を追います。

ケモノミチ.jpg
コケたら下まで滑り落ちそうです。


下りたところは
こんなとこ.jpg
普段より水量がなく釣り難そうです。

ここからすこし釣り上がると




一匹目ゲット~!.jpg
きました、きました。

本日の一匹目~

今日は、なんだかイケソウナキガスル~!

そこから少し上がると



2匹目ゲット~!.jpg
二匹目~!

そこからまた、さらに少し上がると


3匹目~!.jpg
三匹目~! (しつこい?)

順調に釣り上がります。



このあと二匹ほど追加したところあたりから

Dさんが入渓したポイントです。

後を追いかけます。

先行者が釣り残していそうなポイントを

丁寧に探っていきます。



魚止めの瀧まで行ったところで先行のDさんに追いつきました。

ご満悦~.jpg
25cmと26cmを手にご満悦のDさん

『尺オーバーが欲しい』と、贅沢なことを言ってます。


私の釣果
結構釣れた.jpg
24cmを頭に9匹

鹿のジンクスはまだ生きてました。


ここで第一ラウンド終了です。

車に戻って遅い朝食にします。

が、車に戻る前に難関が・・・






けっこうきついぞ.jpg
画像で見るより実際はもっと急です(汗




ヘロヘロになって車に戻り

ようやく朝ごはんを食べて休憩です。





ここまでは、秘境へと突入する為の

ウォーミングUPとでもいったところかな?






第2ラウンドにつづく・・・

フィッシング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。